中性脂肪を減らす効果的な運動とは?

中性脂肪を落とす運動のコツ

有酸素運動によるウォーキング


中性脂肪を落とすための効果的な方法として始めていきたいもののひとつが 有酸素運動です。有酸素運動を日々続けることにより、身体の脂肪の燃焼効率が上がり、中性脂肪の増加を抑える効果が期待できるのはもちろん、現在増加傾向にある場合であってもそれを落としていくことが可能です。


有酸素運動と言っても、激しい運動をしなければならないと言うわけでもなく、時間をかける必要もありません。1日20分程度のウォーキングから始めるだけでも十分に効果が見込めるものです。


ウォーキングであれば、忙しい日々を送られる方であっても、エスカレーターやエレベーターを使う代わりに階段を利用する、多少の距離であれば歩いて移動するなどを意識するだけでも、継続していくことで結果が大きく変わってくるものです。


おすすめ運動はスイミングやサイクリング


中性脂肪の増加や肥満、その他の生活習慣病予備軍として様々な身体のトラブルに悩まされ、これから運動を始めようと言う場合、最もお勧めなのがスイミングやサイクリングです。


この二つはいずれも有酸素運動であり、脂肪の燃焼効率が上がることから、低下を促すのはもちろん、身体の代謝がよくなり、減少に役立つのはもちろん、中性脂肪がつきにくくなる身体を作っていくことも可能になります。その中でもスイミングやサイクリングは適度な運動でありながら、身体への負荷をかけやすいものでもあり、効率よく中性脂肪を落とす、ダイエットを行う、健康的な身体を作ると言うことに役立ちます。


必ずしも毎日続ける必要があるわけではありませんが、少なくとも1週間に3日は続けられるよう準備をしておきたいところです。忙しい日々を送られる方にとっては難しいことかもしれませんが、1日30分から40分程度続けるだけでも効果が見えてくるものでもあるので、気軽に落とす方法として、その環境を作ってみてはいかがでしょうか。


無酸素運動も中性脂肪に効果あり


中性脂肪を落とすための方法として、ウォーキングやスイミング、サイクリングなど日々続けることが大事ですが、対して無酸素運動についてはあまり語られることはありません。しかし、無酸素運動も中性脂肪を減らすための運動としてはやはり心がける必要があるでしょう。


有酸素運動は脂肪の燃焼効率を上げ、増加を抑制する、減らしていくものとするなら、無酸素運動はそのための身体の環境を作るための運動であると言えるでしょう。つまり、どちらか一方だけを集中的に行うと言うのでは高い効果を見込むことは出来ないのです。


無酸素運動は主に腹筋や腕立て伏せなどの筋力トレーニングのことを指します。これらを続けることによって身体の基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすい身体に変えていくことが出来るようになるのです。


運動+食事療法が一番効果的

落としていくための方法として適度な運動が必要となりますが、より効果を高めるためには適切な食事であることが必要となるでしょう。


中性脂肪を落としやすい身体を食事から作り、運動によって減らしていくと言うことが理想的であり、これらは決して難しいものではありません。


食事も栄養価の高い高価なものである必要はなく、青魚や海藻類、野菜類、根菜類などの身近な食材を食事の中に取り入れていくだけでいいのです。


中性脂肪を減らす効果の高い青魚、食物繊維の豊富な海草、根菜を日々の食事に加え、運動を続けることにより、1ヵ月後、2ヵ月後には劇的に体調が改善し、数値も大きく減少していることを実感できるはずです。



1日66円で吸収率の高いサプリメントを




中性脂肪は食生活で改善できるのか?

中性脂肪はどうして高くなるのか?


様々な生活習慣病を引き起こす原因にもなる中性脂肪の増加について、近年では特にこの問題が深刻化しています。主な原因として、肉類、油物中心の食生活になっていること、様々な便利なものが溢れ、慢性的な運動不足に陥りやすい環境となっていることや、喫煙、アルコールの過剰摂取などがあります。


中性脂肪は適切な食事や運動によって消費されていき、常に基準値であり続けるものだったはずが蓄積を続けてしまい、血液をドロドロにしてしまう、肝臓の中に留まってしまうなどの症状を引き起こし、生活習慣病を引き起こしてしまうのです。


高くなる主な食材・食事とは?


増加する要因として、主に食事によるものがあります。特に牛や豚などの肉類や油物、インスタントラーメンなどがそれに該当し、さらにこれらは日常において食することの多い定番ともなっています。これらを過剰に摂取することにより、中性脂肪が飛躍的に増えていってしまいます。


もちろん、その分だけ運動を続ける、脂肪が燃焼していく活動をしていると言う場合においては大きな問題となることは少ないですが、近年では「自ら動かなくても大丈夫」な、様々な便利なものによって脂肪の消費が少なくなり、中性脂肪の蓄積が続いてしまうのです。


注意したい食生活とは?


食生活において注意したいのは、肉類、油物、インスタントラーメンなど増加させる要因となる食材の摂取は適度なものに抑えると言うことです。特に忙しい日々が続くと、味の濃い食材を摂取しようとしてしまいがちです。また、これらは調理が簡単なため、安易に手を出しやすいものでもあり、ついつい過剰に摂取してしまいやすいものでもあります。


出来れば毎日は無理であっても、1週間の半分は青魚や海藻類を食事の中に加える、必ず食事には一品野菜を加えるなどし、血液がドロドロになっていくのを抑えるようにしたいものです。


また、油を使う際も、古い油や多量のサラダ油などは控え、オリーブオイルを使う、天然植物由来のものを使うなど、多量の摂取は避けるようにしましょう。


タバコ・アルコールに注意


食事以外においても増えていく要因があり、代表とも言えるのがタバコとアルコールです。特にアルコールは過剰摂取することにより、肝臓内で中性脂肪が急速に蓄積されていってしまいます。これが消費されず、肝臓内に蓄積を続けてしまうと肝炎を発症してしまうばかりか、肝硬変、肝臓がんにまで発展してしまうリスクがあるのです。タバコにおいても、喫煙によって血管は収縮してしまいます。


増加により、コレステロール値の上昇、血液がドロドロになっていくと言う状態で血管が収縮していると、血流が大きく阻害されてしまい、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化を引き起こしてしまいかねません。さらにタバコに含まれるニコチンにも血液をドロドロにする作用があるため、食生活に気を使っていたとしても、喫煙だけでも大きなリスクを伴うと言うことは理解しておく必要があるでしょう。




1日66円で吸収率の高いサプリメントを




中性脂肪を簡単に下げるにはイマークS

特定保健用食品とは


特定保健用食品とは、日本国内において消費者庁の定めた基準をクリアした健康食品にのみ認可される食品(飲料)のことで、国が安全で信頼性の高いものとして認めたものと言うことになります。その基準は非常に厳しく、数多く存在している様々な健康食品、サプリメントにおいても認可されているものは一部しかありません。


そのため、特定保健用食品として認定されている商品は購買者からしても安全性を確認するための重要な指針であり、信用するに値するものであるという証明とも言えるのです。


EPA・DHAとは


EPA、DHAはそれぞれ「エイコサペンタエン酸(Eicosapentaenoic acid)」「ドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)」の略称で、主に中性脂肪の低下や動脈硬化の予防、血液をサラサラにする効果が認められています。


どちらも同じような効果ではありますが、違いとしてEPAの方が中性脂肪の減少に効果が高く、DHAの方がコレステロール値の減少の効果が高いとされています。EPA、DHAは体内で生成することが出来ないため、吸収するためには食材からでしか方法がありません。


EPA、DHAのどちらも、主に青魚に多く含まれており、どちらも摂取するために多くの食材を用意しなければなら無いと言うことはありません。青魚であれば、どちらも含まれているため、同時に摂取することが可能です。


これらは近年飛躍的に増えている中性脂肪の増加に関する身体のトラブルに対して高い効果を持っており、現代病とも言われている生活習慣病の予防に対して大きな注目が集まっている栄養素とも言われています。


イマークSの臨床実験での効果がすごい


中性脂肪を減らし、血液をサラサラにするなどの効果を持つEPAを手軽に摂取することが出来るサプリメントとして、ニッスイのイマークSが注目を集めています。イマークSでは臨床実験での結果を公表しており、確認してみると、1日1本、2ヶ月間続けるだけで数値が20%も減少したと言う効果が証明されています。


これだけの数値を減らそうと思うと、日々の食生活はもちろん、適度な運動を続け、規則正しい生活を送り続けることが必要なのは言うまでもありませんが、全ての方がそれを実践できるかと言えば、やはり難しいでしょう。それを1本のサプリメントによって達成に近づけると言うのだから驚きです。


もちろん、あくまで臨床実験であるため、全ての人が同じ結果を出せると言うわけではありません。しかし、臨床実験に参加した人のほとんどで大きな効果を見込めていたと言う事実は間違いの無いものです。




1日66円で吸収率の高いサプリメントを



商品名 イマークS
金額・送料 お試し商品は1,000円税別 送料無料
内容量 100ml10本入り
成分 EPA・DHC
イマークSの詳細
ニッスイのイマークSの成分として、中性脂肪を低下させる効果のあるEPAが600mg/dl配合されています。味はヨーグルト風味で飲みやすいものとなっており、青魚の味や食感が苦手と言う方でも安心して飲用を続けられるでしょう。飲み方としても特に制限は無く、食前、食後のどちらに飲用しても問題ありません。 価格としても、この類のサプリメントとしては非常に安価に収まるものとなっており、通常販売価格が20本1セットで6300円となっています。定期的に利用する場合はもっとお得に購入できるため、手軽に始められる方法と言ってもいいでしょう。




こんな方がイマークSを選んで購入しています

利用する方の多くが中性脂肪の増加に悩まされている、生活習慣病予備軍とも言われている方です。EPAが含まれたサプリメントも近年増えてきましたが、国内唯一のEPA配合の特定保健用食品であり、安全性、信頼性を重視する方に特に支持されています。